風俗は浮気?

良いパートナーとは何を意味するのか。『愛することは、けっしてたがいに見つめ合うことではなく、いっしょにおなじ方向を見ることだ』とは、『星の王子様』で有名なサン・テグジュペリの発言である。

恋愛において、価値観の共有を求める人間がいる。そこで安寧と太平を求める人間がいる。

東京ディズニーランドに男3人で行ってきました。その後に夜の街に繰り出し新宿風俗に行きました。やはり新宿の風俗店は地方の風俗店と違いレベルの高いデリヘル嬢が多いです。

それは間違いではないのかもしれない。しかし、それは『たがいを見つめ合』っているだけであり、『おなじ方向を見』てはいないのではないか。

似たりよったりの者で身を寄せ合うことは、安心感をもたらす。帰属意識を強烈にする。それはあくまでも、友人関係にのみ適用されるべきなのではないか。

私達は時代に留まることを許されていない。時流は私達を未来へとさらっていく。

未来は怖い。未知の世界へ飛び込むのは、誰でも勇気が要る。そんなときに手を取ってくれる人がいたらどんなに嬉しいだろうか。

共に前に進む、これこそが良きパートナーの振る舞いだろう。過去と現在にとらわれて、『おなじ方向』を見ることができない者が繋ごうとする手はしがらみでしかなくなる。

そしてその手はいつか時の流れに耐え切れずに離れる。

男なら夜の遊びもする。浮気よりデリヘル等もいいのでは~

一緒に前進するパートナーと繋ぐ手からは、力が流れてくる。それは自身の足りないものである。それと同時に自身から流す力はパートナーが必要としても、持っていないものである。

そうして何かしら欠如しているお互いを補完しあって、時流が運ぶ困難を共に乗り越える。

そうやって私は生きていたい。風俗は浮気とは考えない。